2階から目薬って誰がいいだしたんだろうという蛇足な話

ことわざで、2階から目薬ってあると思うのですがこの言葉って誰が考えたんでしょうね。こんな発想というのは、ばかばかしくて出来ないような気がしますが、やった人がいるとは思えないし探しても出典はなさそうです。(あるかもしれませんが)
例えば、中国から来た(と思われる)言葉で蛇足って言葉を考えてみると、うまい絵描きが調子に乗って俺は蛇に足を掛けるんだぜって余計なものを描いた、要するに無駄な事の意味だというのは教訓的だしこの話はないのかもしれないが、似たようなことはあったのかもと連想されると思います。
今ちょっと上の説明は変で、この言葉の意味は見たこともないのに法螺を吹くって話だったかなと思ったけど、それは余計なことだったかなと思ってこれこそ蛇足ですね。
それにしても言葉って面白いが、もともと語源なんていい加減であいまいな物かもしれないですね。
同じように中国から来た言葉で、矛盾ということわざがありますね。ところで、これらの出典先ってどこからでしたっけ?

2階から目薬って誰がいいだしたんだろうという蛇足な話