私にだけ甘えてたと思ってた猫は、本当は誰でもよかったみたい

私が帰って来ると、必ず出迎えに来てくれる我が家の猫。ドアを開ける事ができないのでドアの向こうにうっすらと見える影が何ともいじらしく可愛いです。私が部屋に入ると足元にまとわりつくのも何とも言えない幸福感があって幸せです。いや、だったというべきか(-_-;)
ある日、私がリビングでくつろいでいる時に玄関の方で夫が帰って来る音がしました。まだ玄関のドアも開いてないというのにお気に入りの毛布で寝ていた猫がむくっと起き上がり、リビングドアの前でウロウロしだしました。そして帰って来た夫にグルグル言いながら甘えだしたんです。夫が座れば何も言われないのに膝に乗って丸くなってるし。
そうか、誰でも良かったのか…と思うと何だか今まで私が家族に感じてた優越感も一気になくなりました。でもまあ、夫と私が二人の時には私の方ばかりを見るし、ご飯だって私からしか食べないから、少しは優越感に浸っててもいいのかなーなんて思いますが(^^;)

私にだけ甘えてたと思ってた猫は、本当は誰でもよかったみたい